マイブログ リスト

2017年2月23日木曜日

『道具の目・動物の目』土井ケ浜遺跡・人類学ミュージアム企画展素晴らしかったです。

あべ先生のブログで紹介されていた「目」の企画展に行ってきました。


『門司や下関に住んでいて、行ったことないなんて、ありえません(笑)』

小学6年生の時に遺跡を見に行きましたが、それっきりで目の企画展があることさえ知りませんでした。

教えてもらえてラッキー(*^-^*)

実物をこの目で視ないとわからない世界がそこにはありました。


『道具の目・動物の目』の展示。

「目」とは何か?

人や動物が光をとらえ物を見る器官。

もちろん視力や視線も。

何気なく普段使っている事物に「目」がたくさん使われていることに驚きました。

木材の筋は「木目」

台風の中心は「台風の目」



『道具としての目』

網、籠、篩(ふるい)の穴の目。

鋸、鑢(やすり)の凹凸の凹の部分。

目籠のようにたくさんの目を持つ道具は邪気をはらう魔除けの力があるとされていたとか。

穴や凹には神霊が宿ると考えられていたそうです。

そういえば大工で釣吉の父が、いつも大工道具や釣りの道具の手入れを時間をかけて丁寧にやっていました。

父も大事な道具の「目」を整えていたのだと思います。

そして「目」を整えながら心を整えていたのかもしれません。



『目を象った道具』

の中では、視線に潜む魔力の話も面白かったです。

邪視から身を守るための、目を象った美しい鏡のように反射する装飾品。

怨みや妬みの視線から身を守るためって面白い♪



『人の目』

眼窩を構成する骨の一つ一つを見ると、脳に直結していることがよくわかったし、鼻や耳口にももろに影響があるのが一目瞭然でした。

やっぱ、実物は凄かったです。



人類は広い視野と器用な手先を生かして道具を作ったり文化を発達させてきたそうです。

生き残れるように人間と動物の目の位置は違っていて、草食動物は敵から身を守るために顔の側面に目があるのだと。

食べられる心配のない私たち人間は顔の正面にあるのです。

もしも危険いっぱいな世の中(例えば恐竜と共存とか(笑))になったら、食べられないように私の目も側面になるかも~



『見る道具』

人は視野・視力・視界の限界を補うための道具を作ったそうです。

水中眼鏡・顕微鏡・望遠鏡・カメラ・鏡などの道具。

生活したり、文化を築くときに欠かせない視覚情報を補うために進化させてきた道具たち。



現代に生きる私たちは古代人より視覚に頼る生活をしています。

『自分の目で視る』ということがどれだけ貴重なことなのか、「目」がどれだけ大切な器官なのか改めて感じる事が出来ました。

これは実際に自分の目で視ないとわからない世界。

アイックスの眼鏡という世界最高の「目の道具」を使って視る世界は格別です♡

いつも言ってるけど「目」は大事。

この企画展を見るともっとそう思えるかも。


東京銀座店がオープンしました。

東京近辺の方は是非行かれてください。

1秒でも早く!!



☆安部塾塾長・安部吉孝先生による月1の集中講座。
2月26日(日)→ 詳細
医師が解説するヨガの機能解剖学
『図解 YOGAアナトミー:アーサナ編』『図解YOGAアナトミー:筋骨格編』


【今後の安部塾下関集中講座予定】
3月26日(日)

☆安部塾

安部吉孝公式HP → 安部塾公式HP

姿勢改善 身体操作指導者 安部吉孝 → 安部塾 公式ブログ

☆Studio Nami
☆3月4日(土)YOGAアナトミーWS→詳細

☆3月12日(日)YOGAアナトミーWS→詳細

下関Studio Nami 姿勢と呼吸と動きのレッスンHP → HP

新田奈見子Facebook  Facebook

※出張のご依頼、ご自宅レッスン、団体様レッスン、姿勢教室などご要望も承ります。お気軽にご相談ください。

2017年2月22日水曜日

痛みの恐怖を安心に変える身体の使い方。今週もYOGAアナトミー絶賛好評中です!

最近火曜日はStudio Namiに8時間くらいいます。

あさ2時間のNami塾。

午後のレッスン。

1時間のNami塾。

夕食を作りに自宅へ戻り家族と晩ご飯を食べたら

また夜のレッスンへ。

絶えず誰かが来てくれて、お喋りして帰っていくStudio.

みんなとお喋りするの楽しい(*^-^*)


Nami塾では、人間関係やメンタル、身体との関係などいろんな話をじっくりしました。

身体を動かす以前に大事な座学。

身体の練習だけしても意味がないですから。

本気で学びたい人が自分に向き合う時間。

人生が良くなってわくわくする時間。

すごく楽しいです。

痛みのない前屈

大人気のYOGAアナトミー。

もも裏が柔らかくなる前屈。

あっ!でも柔らかくしようと、もも裏を意識するのではありません。

ある筋肉たちを縮めた結果、拮抗するもも裏が自然にゆるむのです。

膝を伸ばして無理やりハムを伸ばすことはしません。

前屈のイメージ。間違った思い込みが強すぎる!

もも裏を力づくで伸ばしたら痛いです。

痛みは筋肉を硬くしてしまうのに(>_<)

機能解剖学的な動かし方は痛くないです。

腸腰筋を縮める!

でも『もも裏や膝は伸ばさなければならない』という自動思考が強い人は、

痛くなるまで伸ばしてしまいます。

自分でも無意識にやってしまう自動思考。

筋膜に記憶している感覚パターンが覚えているのです。

人によく思われたいっていう感情があるかも…

コンプレックスの塊があるのかも…

痛むくらい頑張らなければならない。

頑張ることはいいことだなんて思考は、自分で自分を壊していくのに…

協働筋スイッチONの練習

痛みの恐怖を安心に変える身体の使い方を学び、繰り返し練習するうちに、

頭と身体で『ああ~そういうことか~』って時が来ます。

ほんとうの意味で自分自身を大切にするとはどういうことか、知ることが出来る奥が深い前屈。

自分は一生硬いままかもって思ってた時期があったなんて信じられないくらい。

前屈が楽しいって思えるようになるなんて奇跡みたいです。



☆安部塾塾長・安部吉孝先生による月1の集中講座。
2月26日(日)→ 詳細
医師が解説するヨガの機能解剖学
『図解 YOGAアナトミー:アーサナ編』『図解YOGAアナトミー:筋骨格編』


【今後の安部塾下関集中講座予定】
3月26日(日)

☆安部塾

安部吉孝公式HP → 安部塾公式HP

姿勢改善 身体操作指導者 安部吉孝 → 安部塾 公式ブログ

☆Studio Nami
☆3月4日(土)YOGAアナトミーWS→詳細

☆3月12日(日)YOGAアナトミーWS→詳細

下関Studio Nami 姿勢と呼吸と動きのレッスンHP → HP

新田奈見子Facebook  Facebook

※出張のご依頼、ご自宅レッスン、団体様レッスン、姿勢教室などご要望も承ります。お気軽にご相談ください。

2017年2月20日月曜日

3月4日(土)・3月12日(日)YOGAアナトミーWSのご案内 in 下関Studio Nami

YOGAアナトミーの筋骨格編の座学とアーサナ編が好評なので、3月もWSをすることにしました。

3月4日(土)YOGAアナトミーWS→詳細

3月12日(日)YOGAアナトミーWS→詳細

機能解剖学図解 YOGAアナトミー

自分のからだを知ると世界が変わります。


大切な身体を整え心を落ち着かせることができる『YOGAアナトミー』

一番大事なことは何か。

それは、からだを動かす前にしっかり勉強すること。



勉強しないで動くと、からだを壊してしまいます。

動けないのは、身体が痛いのは頭が悪いから♪

からだの構造を知ると、足首・手首を回すとか、首を回すとか恐ろしすぎて出来ないと思います。

からだのどこの関節も外したり、意味もなく筋肉をゆるめすぎる運動はしてはいけないのです。

そんなことをしていたら、自分の何十キロもある体重で自分の身体を痛めてしまいます。



からだの調子が悪いのは自分の身体のことを知らないだけ。

関節や筋肉をゆるめすぎて無理な体勢をしていても、気がつかないくらい感覚が麻痺しているって怖いこと。

何十年もかけてじわじわ無理させた関節や筋肉は、いつか悲鳴をあげることになるのです。



壊れるのは一瞬。

良くなるには数年単位かかると思った方がいい。

2週間もサボると靭帯や筋膜の感覚神経がほぼなくなってしまうのだから…



自分のからだを大切に使いたかったら勉強するのが一番。

看護学生だった20年前。

解剖学はいつも欠点でした(>_<)

そのころは面白いと思えず、やる気が全く出ない勉強でした。

そんな自分が信じられないくらい、今は解剖学が面白くてたまりません。

学校では教えてもらうことがなかった、

わくわくするくらい楽しい、心(脳)と身体のつながりや、身体の構造を安部塾で習えたから。



勉強すればするだけ人生が楽しくなってくる。

そんな身体の学問に出逢えたこと、私の宝物だなって思います。

心からわくわくする学び。

参加者の皆さんと分かち合えること楽しみにお待ちしています。

3月4日(土)YOGAアナトミーWS→詳細

3月12日(日)YOGAアナトミーWS→詳細




☆安部塾塾長・安部吉孝先生による月1の集中講座。
2月26日(日)→ 詳細
医師が解説するヨガの機能解剖学
『図解 YOGAアナトミー:アーサナ編』『図解YOGAアナトミー:筋骨格編』


【今後の安部塾下関集中講座予定】
3月26日(日)

☆安部塾

安部吉孝公式HP → 安部塾公式HP

姿勢改善 身体操作指導者 安部吉孝 → 安部塾 公式ブログ

☆Studio Nami
☆3月4日(土)YOGAアナトミーWS→詳細

☆3月12日(日)YOGAアナトミーWS→詳細

下関Studio Nami 姿勢と呼吸と動きのレッスンHP → HP

新田奈見子Facebook  Facebook

※出張のご依頼、ご自宅レッスン、団体様レッスン、姿勢教室などご要望も承ります。お気軽にご相談ください。

2017年2月19日日曜日

2月18日YOGAアナトミーワークショップレポ。脳が喜ぶ安心安全なヨガ。

昨日はYOGAアナトミーワークショップでした。

まず最初に『YOGA』をはじめる前に知っておきたい『医師が解説するヨガの機能解剖学・YOGAアナトミー筋骨格編』の解説をしました。
YOGAアナトミー筋骨格編
レイロング医学博士が書かれた本を、わかりやすく解説してくれた安部先生の塾生講座をそのままお話しました。

自分のからだの仕組みを知ることで世界が変わって見える。

感覚神経が存在する靭帯や筋膜プレーン。

姿勢を制御できるのは靭帯や筋膜プレーンにどれだけたくさんの感覚神経があるかということ。

自分の関節や筋肉を思うように動かせない人は、感覚神経のスイッチが完全にOFFになっているのです。


筋膜の感覚パターンは普段の自動思考そのもの。

筋肉はその姿勢に合った感情を呼び起こす。

解剖学的に間違った関節や筋肉の使い方をしていると、からだと脳が壊れてしまいます。

脳が壊れているから間違った動きを選択してしまうといった方がいいかもしれません。 



解剖学的に正しい関節の角度や、どの筋肉を縮めたらどの筋肉が自然とゆるむのかを知ること。

自分の関節や筋肉の位置を整えるように動かしながら、自分の靭帯や筋膜プレーンの感覚神経を整えていく練習。

このような練習は脳によい刺激が伝えられるので、とても心地良く心から落ち着くことが出来るのだと、私自身感動しています。

楽しい座学 ♪
絶対に外せない座学。

今回もコアなファンが参加してくれたので、質問も飛び交い楽しい学びの時間になりました。

前半2時間はたっぷり座学。

風呂さんが『この話聴けただけでも十分です(*^-^*)』と言ってくれるほど♪

とても楽しかったです。


後半の2時間は実技、アーサナ編をやりました。

丁寧に進めていったので、やったポーズは4つだけ(笑)

前半の学びがあったからこそ楽しめたYOGA。

人生初のYOGAを楽しんでもらえたようです。


最低限の筋力で姿勢を保つことができるYOGAアナトミーのポーズ。

ただ伸ばしたりゆるめるのとは次元が違う、ちゃんと縮めるところを縮めた結果、拮抗する筋肉が自然にゆるむという脳が喜ぶヨガ。

安心安全なヨガはほんとに心安らぐ~

今回参加出来なかった方たちからもリクエストして頂いてるので、またYOGAやります。

お楽しみに(*^-^*)



☆安部塾塾長・安部吉孝先生による月1の集中講座。
2月26日(日)→ 詳細
医師が解説するヨガの機能解剖学
『図解 YOGAアナトミー:アーサナ編』『図解YOGAアナトミー:筋骨格編』


【今後の安部塾下関集中講座予定】
3月26日(日)

☆安部塾
安部吉孝公式HP → 安部塾公式HP
姿勢改善 身体操作指導者 安部吉孝 → 安部塾 公式ブログ

☆Studio Nami 
2月18日(土)13時~17時『からだのワークショップ・YOGAアナトミー
※からだの硬い人もOK ♪ 心から安心できるYOGAです。

下関Studio Nami 姿勢と呼吸と動きのレッスンHP → HP
新田奈見子Facebook  Facebook

※出張のご依頼、ご自宅レッスン、団体様レッスン、姿勢教室などご要望も承ります。お気軽にご相談ください。

2017年2月17日金曜日

ボディトリートメント始めます🎵

今日のレッスン。

最初の30分は参加者がお一人でしたので、一緒にクリスタルボールを回しながらお喋りをしていました。

その方はうちに来るようになって、『ガサツな動きは脳に良くないと思うようになって丁寧に動くようになった』と教えてくれました。

階段を昇る時も、丁寧に手すりを持って、一歩一歩足裏の感覚を確かめながら登っているそうです。



日常生活の一つ一つの動作を丁寧にしてみる。

からだをやさしく扱うことは自分自身を大切にすること。

車のハンドルの握り方やマグカップの持ち方、包丁の握り方ひとつで、自分自身の筋緊張が変わってきます。

力づくでグッと握りこむのと、やさしくふわっと包み込むように持つのとでは感じ方が全然違う。

私はふわっと♡ふんわり♡が好きです。

自分の筋緊張がほどけて、気持ちまで余裕が生まれる気がするからです。



1日何十回何百回と繰り返される無意識レベルの動作。

自動思考が繰り返されていくのとよく似ています。

脳の状態とからだの状態はリンクするので、同じと思っていいと思います。

肩をガチガチに固め続けたら、イライラムカついてしまう。

筋肉は姿勢に合った感情を呼び起こす!

からだとメンタルからの両面から、自分自身を整えていくことが出来るって面白いなって思います。


そんな話をしながら皆さんが揃うまで、ボディトリートメントをしてみました。

ふわっとしたあったかい手でやさしく触れることで、筋肉の緊張が溶けていき、からだの痛みも消えていったと喜ばれていました。

もう少し先で始めようと思っていたのですが、とても好評だったのでボディトリートメント始めようと思います。

至福の時間、最高ですよ♡

希望者は直接ご連絡くださいね。

ボディトリートメント→詳細



☆安部塾塾長・安部吉孝先生による月1の集中講座。
2月26日(日)→ 詳細
医師が解説するヨガの機能解剖学
『図解 YOGAアナトミー:アーサナ編』『図解YOGAアナトミー:筋骨格編』


【今後の安部塾下関集中講座予定】
3月26日(日)

☆安部塾
安部吉孝公式HP → 安部塾公式HP
姿勢改善 身体操作指導者 安部吉孝 → 安部塾 公式ブログ

☆Studio Nami 
2月18日(土)13時~17時『からだのワークショップ・YOGAアナトミー
※からだの硬い人もOK ♪ 心から安心できるYOGAです。

下関Studio Nami 姿勢と呼吸と動きのレッスンHP → HP
新田奈見子Facebook  Facebook

※出張のご依頼、ご自宅レッスン、団体様レッスン、姿勢教室などご要望も承ります。お気軽にご相談ください。

2017年2月16日木曜日

解剖学がわかると自分を大切にやさしくする方法がわかるようになる。ハムストリングふわふわ幸せ♡

今日は私のもも裏(ハムストリング)に潜んでいた恐怖とさよならしたお話です。

『前屈=苦痛』という思い込みが強くて

できるだけ避けてきた私。

最近、前屈が気持ちがよく楽しいと思えるようになりました。


『痛い』『怖い』『苦手』だったハム。

以前は自分のガチガチに硬いもも裏を柔らかくするために、一生懸命に伸ばしたり圧迫してゆるめようとしたりしていました。

すると強い刺激を与えられた可愛そうな私の筋肉は、素直にもっとガッチガチに固まっていったのです。

ボディトリートメントでも学んだけど、痛くて強い刺激は一瞬にして筋肉を硬めてしまいます。

それを知らず知らずのうちに、無知な私は自分で自分の筋肉を硬くしていたのです。


人にやさしく触れられると筋肉は自然にゆるみます。

人にやさしくされると、よく動くようになるのです。

自分でも自分のことを大切に扱うようにやさしく動くと、凄くよく動くことができる。

心から自分のことも大切に思えば動きが変わってきます。

雑に乱暴に動くのと、丁寧にゆったりと動くのとでは全く違うのです。

さらに解剖学がわかると、自分をやさしくする方法がわかるようになります。

『動かすと痛い』『自分は無理だ』っていう人は、自分のからだのことを知らないだけ。


解剖学的に無理な動きをしていたら、痛いはずです。

動くことが怖くなったり、自分なんてダメな人間だと自分のことを嫌いになるかもしれません。

もも裏を『伸ばさなければならない』のではなく、もも裏をやわらかくしてくれる筋肉たちを縮めるだけでいい。

そう!伸ばすんじゃなくて縮めるんです!!

みんな『もも裏は伸ばさなければならない』って思い込みが強すぎます。

あっ、ちょっと前までは私もそうでしたが(笑)



見た目を気にして、膝を伸ばそうとして、もも裏ピキルなんて心も痛くなりそう。

レッスンでお伝えした、数か所の筋肉たちを縮めてもらうことで、いつの間にかもも裏がやわらかくなってた~ってのが唯一の正解。

プロメテウス解剖図とヨガアナトミーを暗記するくらい何度も見てイメージ通りに動いてみる。

これが本当の意味で自分のからだをやさしく扱うということだと思います。


『人によく思われたい』が強かったころ。

誰よりもからだが硬い私は、人前でポーズをするのが苦手でした。

出来ないって思われるのが嫌で、難しいポーズは絶対にしませんでした。

生徒さんより出来ない駄目な指導者と思われるのが嫌だったからです。



安部塾で学び始めて2年。

出来る限りのことはしてみようと覚悟を決めてちょうど1年。

プロメテウスがボロボロになるくらい解剖図に親しみ、

骨や筋肉のイメージが3Dで感じれるようになってきて勉強が楽しくなってきました。

メンタルやボデイトリートメントなど、いろんな学びも深めて自分のことが好きだなって思えるようになってきたこの頃。

もも裏が硬いのは私の個性と思えて♡

見栄を張らずに痛みが出ない範囲でちゃんと膝を曲げて、

教えてもらった通り、順番で協働筋たちを縮めることだけに集中してみました。

すると魔法のようにもも裏がふわふわになっていました。

どこも痛くなくて幸せな気持ち。

何より、無理して膝を伸ばそうと自分に嘘をついていないので、とっても心穏やかでした。



膝が曲がっていても全然OK(*^-^*)

もも裏と心がふんわりなれたことに感謝しかありません。

解剖学に親しむことで、自分のことを大切に出来るんだなって実感しています。



他にもいろんなわくわくする動きをやっています。

どんどんよくなっていく内容に喜んでくれるメンバーの方たち。

『面白いからガアナトミー買いました』って方や

自分用にプロメテウスを購入する方も増えてきました。

勉強大好き♡嬉しいです♪



今週土曜日18日のワークショップでも、さらに詳しくからだの仕組みと使い方やります。

自分を大切にする方法、勉強したい方お待ちしています。









☆安部塾塾長・安部吉孝先生による月1の集中講座。
2月26日(日)→ 詳細
医師が解説するヨガの機能解剖学
『図解 YOGAアナトミー:アーサナ編』『図解YOGAアナトミー:筋骨格編』


【今後の安部塾下関集中講座予定】
3月26日(日)

☆安部塾
安部吉孝公式HP → 安部塾公式HP
姿勢改善 身体操作指導者 安部吉孝 → 安部塾 公式ブログ

☆Studio Nami 
2月18日(土)13時~17時『からだのワークショップ・YOGAアナトミー
※からだの硬い人もOK ♪ 心から安心できるYOGAです。

下関Studio Nami 姿勢と呼吸と動きのレッスンHP → HP
新田奈見子Facebook  Facebook

※出張のご依頼、ご自宅レッスン、団体様レッスン、姿勢教室などご要望も承ります。お気軽にご相談ください。